PLAYING THE ANGEL

PLAYING THE ANGEL

ドール服屋『PINK*SKULL』のモノ作り日記です。

 

ひたすら寝て回復

土日、体調不良で昏々と眠っておりました。
そんな時も夕ご飯が出来ているのは同居の利点ですね。


んで、まあ、
週明けはバッチリ回復しております。


RIMG5820_convert_20140127154751.jpg


コートにファーを縫い付けました。


RIMG5829_convert_20140127154900.jpg


裏地をまつる前に手作業をすませます。
サンプルでは裏地を付けてからタブなどを縫い付けましたが、
やはり玉止めなどが見えるのは美しくないので表地だけに縫い留められるようにこの時点でちくちくと。


RIMG5826_convert_20140127154822.jpg


スタジャンの刺繍も出来るまで進みました。


RIMG5827_convert_20140127154841.jpg


なんだか一つやるのにずいぶん時間がかかってしまいました。
やっぱり刺繍は鬼門なのです。



続きに朝ドラと戦争の話とか。

 
ごちそうさん、
うっかりハマって見ています。

割とのんきな展開だったのが、今週からは戦時色濃い感じになりましたね。
図らずも、水木しげるさんの自伝を読み始めてまして。

まだ学生だった頃、湾岸戦争があって、『あー、すげーなー』程度の感覚で見ていました。
なんというか、TVの中のお話のようで、全く現実味がなかったのです。
子供を産むと、なんというか、感覚がリアルになりました。

息子がお腹にいる頃、KISSのライブに行ったのですが、ちょうどアメリカがイラクに侵攻した日で。
フロントマンのポールがそれについて『とても悲しいことだ』と言いました。

一般的に言う『おりこうさん』が政治家になって、その人たちが戦争を始める訳ね?
一般的に言う『アウトサイダー』は戦争を『悲しいこと』って解ってる訳ね?
おりこうさん達は何におりこうさんなんだろう、って、友達と話したことを覚えています。

自分は子供を戦争に行かせる為に産む訳ではないな。
戦争に獲られるのは嫌だな。
すごく単純に思いました。

与謝野晶子氏の『君死に給うことなかれ』は賛否両論ある詩ですけど、
やっぱり母親は子供に誰かを殺せなんて教えないんだよなあ、って思います。

漫画家のまついなつきさんが、100円ショップのものであろうと武器は息子に与えない。
人殺しの道具は決して子供に与えない、そんなことを言っていました。
徹底しているなあって思いました。

水木氏の自伝、前線での悲惨な戦いが描かれています。
まったくもって想像がつかない様な状況をくぐり抜けて来た方です。

私の両親は戦争経験者です。
父は疎開組、母は満州育ちです。
2人とも子供なりに色々なものを目にして来たようです。

現時点で朝ドラの主人公は銃後の守りを!と多分、その頃の普通のお母さんです。
でも、近しい人が赤紙で招集されるよう…どう変わるのかな?


お人形遊びを楽しめる世の中であり続けたい、と、思います。



スポンサーサイト
 
 

Comments

 
お仕事お疲れ様です!

朝ドラは見てないのですが、そんな展開になっているんですね。

おりこうさんが戦争を、アウトサイダーが平和を。
言われてみれば、その通りで、唸ってしまう現実ですね。

小林よしのりのゴーマニズムを読んで、戦争ってなんなんだろう、戦争礼讚ではないと言うけど、戦争には行きたくないという若者を他の国の若者と比べて腰抜けと捉える姿勢には?が浮かびます。
私も子供を戦争に行かせられないと思います。例え戦争でしか生まれない大切な思いや胸熱くするようなストーリーがあったとしても。
大きな殺し合いでしかない戦争は無い世の中になってほしいです。
ほしさん 
大正〜昭和のお話なので、やはり戦争の話は避けられないですよね。

子供によく『なぜ戦争は起こるのか?』と訊かれるのですが、
『うーん、多分皆が欲張りだからなんじゃないかなー』と答えます。
それから『おりこうさん』と『勉強ができる』は違うよーともよく言います。
何かを欲しいと思う欲求は人間の原動力でもあるのですが、
本当のおりこうさんは『足るを知る』人なのかなあと。

ゴーマニズム、まだやってるんですね!
彼の発言はちょっと極端な所がありますね。
だからこその『ゴーマニズム』なんでしょうけど。

結局、どんな大義名分があっても暴力は暴力を、戦争は戦争を、
殺し合いは殺し合いしか生まないんだよなーって思います。
自衛隊の方が『僕らがヒマで税金泥棒って言われてる世の中が良いんだよー』
っておっしゃっていたのですが、妙に納得してしまいました。

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

REMI

Author:REMI
ドール用の服やら靴やら
なんやらを作っています。
モノ作りにどっぷりの日々。
月1ペースでカートSHOPをしています。
オークションはたまに出品しています。
現在個別のオーダーは
受け付けておりません。
リンクに関するお申し出は
特に必要ありません。
ご自由にどうぞ。

現在カテゴリ編集中です。

アクセスカウンター

Archive RSS Login