PLAYING THE ANGEL

PLAYING THE ANGEL

ドール服屋『PINK*SKULL』のモノ作り日記です。

 

やっとミシン!

いやはや、やっとこさっとこミシンにたどり着いたって感じですかねー。
昨日からミシン作業に入ってます。
プリーツスカートのテープを縫い付けたりしてました。

で、今日も朝からミシンカタカタ。


RIMG9047_convert_20161007133532 のコピー


夜のうちにピン打ちまでやって、糸も変えておいたのでスムーズに作業に突入〜^^

横地方向は結構伸びやすいので、まっすぐなパーツ同士でもピンを打ちます。
そうしないと縫ってるうちにずれてきやすいのです〜。


RIMG9048_convert_20161007133232 のコピー


糸替えの手間が少なくなるように、同じ色は続けて縫いたいです。
今はベージュのリネンカラーがかかっているのでカフス付けもまとめて。
袖口のギャザー、寄せる距離も短いので手でぐし縫いしてます。

パフスリーブは袖口のパターンがまっすぐじゃないのでこのほうが楽だったりします。


RIMG9050_convert_20161007133253 のコピー


どんどん縫います、次は襟!
2枚合わせて縫ったら縫い代を整理します。
右が整理(カット)前、左が整理後。

カーブの部分、切り込みでもいいのですが、リネンはほつれやすいので縫い代を細くするだけです。
そしてひっくり返す時に裂ける事もあったりするので、細くするのはカーブがきつい部分だけです。


RIMG9051_convert_20161007133311 のコピー


縫い代は割れる所は割ったほうがキレイです。
リネンは折り癖が付けやすいのでアイロンはしないで、
内側に指を入れてちょいちょいと縫い代を開きます。


RIMG9052_convert_20161007133330 のコピー


小さなパーツ、ちまちまひっくり返したら、ありゃ!襟のカーブにとんがりが…
返す時に出しすぎたのか、はたまたステッチが曲がっていたのか…
でも慌てなーい!


RIMG9054_convert_20161007133555 のコピー


そんな時は目打ちの先を使います。
縫い目部分で内側に押し込んで戻してあげるのです〜。
今回は最後にコバステッチが入るので、かなり押し戻してもちゃんと落ち着きます。

襟って一番目に付く部分ですし、ここが歪んでると目立つんですよね^^;
ドール服作り、小さなパーツに時間をかけてあげるのがポイントだと思ってます。

で、このあとアイロンをかけてさらに形を整えて。
そのとき、左右の襟を重ねて、左右対称になっているかどうか確認します。


RIMG9057_convert_20161007133429 のコピー


襟の仕上げはコバステッチです。
ペアになる襟を続けて縫っておくと、身頃に縫い付ける時に付けやすいのです。
この場合は左襟後ろ中心〜前中心〜右襟後ろ中心というように縫ってます。


今日はまだまだ縫いますぞー!
だって3連休…
ま、休みも隙間を縫ってちょこちょこ進める予定です。
スポンサーサイト

 
 

Comments

 
そうそう、お人形サイズのお洋服、襟のところが、とても難しいです!
今日の記事は、なるほど!なるほど!と読みました。
「よ~し、次回、実践するぞー!」と思いつつ読んでいたところ、
最後のコバステッチの写真を見て、
「あ・・・こんなに上手にミシンでカーブを縫えない!」と愕然としました(笑)。
ベイジルさん 
襟って一番目立つ部分なのに小さいし、カーブだし、で、苦戦しますよね〜。

カーブがきつい所はゆっくり、1、2目ずつ落とすくらいの気持ちで、
小さなパーツは布送りと押さえ金だけでは対処しきれない部分があるので、
目打ちを使ってガイドしてあげると曲がりにくいと思います。

ちなみに綿や麻はアイロンだけでもキッチリ折り目は付くので、
コバミシンはなくても大丈夫ですよ^^
ちょっと厚手だったりアイロンがきかない生地で落ち着かない!って時は、
配色の刺繍糸等で飾りステッチを入れる手もあるのです〜。
 
REMIさんのドール服作りの記事は、いつも勉強になります。
(先日のピケ太郎や 過去記事の襟が浮かないのとか特に)
しかーし!まだまだまだまだ…実践できないレベルにいます。

何せようやっと ミシンを扱えるようになったかならずか。
型紙の持つ意味と布の性質も 掴めていません。

丸襟でもバイアスにとってあるのとか、なんでー?とか
思ってましたが、身頃に付けやすかったのでびっくりでした。
(でも、それが目的なのかどうかはわからないけど)

何がどこに効いてくるのか わからないままに 失敗ばかりですが
それでも 、ぴらっとした布と ただの糸で 体を包ものが
しかも可愛く できあがるのは楽しいですね(≧∇≦)

REMIさんのブログをこっそり見つつ…がんばりまーす。
はぁとかふぇさん 
ちょっとしたコツとか、思いついた時に気ままに書いているので、
そう言っていただけると凄くうれしい反面、たいへん恐縮です^^;
まとめてやったら親切なんですけどね〜。
目打ちで付ける折り筋は本当に便利なので是非!
襟のって、折り紙使ったやつですよね?
あれ、何気にわかりやすいと好評だったのです〜^^

ミシンってそれぞれクセがあったり得手不得手があるので、
そこに慣れるのは大変ですよね。
型紙や布の性質も本当に慣れだと思います。
もしお時間があるようでしたら、洋裁の基礎の本を眺めると、
目から鱗が落ちるかもしれません。私もいまだに教科書を眺めるのです。

襟は後ろ中心に縦目を通すという大前提があるので、
そこを基準にするとフラットカラーの襟付けは自然とバイアスになるんですよ。
バイアスは曲線に馴染みやすいので、首に沿って柔らかい印象の形を作る、
という理にかなっているのかもしれません。
スタンドカラーとかシャツ襟はバイアスになる部分が少ないので、
張りがあるまま立ち上がるということでしょうかね。

失敗は成功のもとですよ!
そこで、や〜めた!ってなるか、もっかい!ってなるかの差だと思います。
平面だったものが立体になって、出来上がって、ああ!楽しい!
お人形に着せてああ可愛い!って、そこは人形者ならではですよね^^


 
<- 07 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

REMI

Author:REMI
ドール用の服やら靴やら
なんやらを作っています。
モノ作りにどっぷりの日々。
月1ペースでカートSHOPをしています。
オークションはたまに出品しています。
現在個別のオーダーは
受け付けておりません。
リンクに関するお申し出は
特に必要ありません。
ご自由にどうぞ。

現在カテゴリ編集中です。

アクセスカウンター

Archive RSS Login