PLAYING THE ANGEL

PLAYING THE ANGEL

ドール服屋『PINK*SKULL』のモノ作り日記です。

 

ステッチとかその他

ま、今日もこちらのブログは地味ですよ。
いーんです、これが日常!


RIMG9848_convert_20180221155608 のコピー


短い方のシャツワンピのヨークのステッチから始めてみました。
別に意味はなく、なんとなく。

サンプルではタックだった部分、ブワッとしちゃう感じが気になったのでギャザーに変更しています。


RIMG9849_convert_20180221155634 のコピー


毎度毎度、小さいパーツの万国旗。

あ、ポッケのギンガムパッチ、サンプルは紺色でステッチしたんですけど、オフ白に変えてみました。
この辺は言われないと分からない系。


RIMG9850_convert_20180221155656 のコピー


こってりパッチの切り返しにもステッチ。


RIMG9851_convert_20180221155719 のコピー


カフスにもステッチ。

袖口はダブルステッチにしたいのでぐるっと1周半ステッチします。

あー、なんと言うか、たとえがイマイチですけど、
続けてステッチするの、ぞうきんに似てます。
んでも最近はぞうきんは買いますね。ボロタオルがあれば作りますけど、
そうそうタイミングよく無かったりとかとかなんで。
結局買った方が安いとか。


RIMG9854_convert_20180221155741 のコピー


とりあえず出来るステッチが終ったので襟を付けてみたりとか。
待ち針たくさん!


RIMG9857_convert_20180221155825 のコピー


ここでちょっとベージュの糸に変えたい用事があったので、そのままカバンを縫いました。
裏地に内ポッケを付けてます。


RIMG9858_convert_20180221155847 のコピー


とりあえずカバンのミシン作業は終わり〜。
これはこのあと珈琲で染めます^^
右のがサンプルです。
チャームが付く予定です。


RIMG9855_convert_20180221155804 のコピー


あ、代替えピオニーは無事に到着。
フェイスカバーが面白かったので付けたまま撮ってみました。
まつげが折れないように工夫されてるんですねー。
眼鏡をかけてるみたいです。

髪の毛のべたつきが気になるのでシャンプーして内巻きに整えようかと思います。



余談。
週末、娘がもやさま観て、あー、お面いいよねーって。
番組で、蔵前のコスプレ系(?)のマスクのお店が映りましてね。
それ観て、針金で土台を作って粘土でパッと作ってました。


RIMG9859_convert_20180221155908 のコピー


高橋真琴か!という昭和感…(本人曰くはベルバラ、旦那は梅図かずおみたい!って言ってました^^;)
21世紀生まれなのに。
学校の課題のポートフォリオ(作品集)のプロフに使うそうです。

一緒に写っているのはサンリオの黒歴史、少女漫画雑誌のリリカです。
実母が関わっているのでなんとなく我家にあります。
中身、松苗あけみさんの描いた母の似顔絵が似てるので可笑しいです。


スポンサーサイト
 
 

ピオニーは交換、縫いに戻ります!

ピオニーの事、タカラトミーの担当者さんからお電話がありまして、
さくっと代わりを送っていただけるそうです。
確認の為に先にこちらから着払いとかで送るのかなーと思っていたのですが、
代わりのピオニーが配達されてきた時、
そのまま配達の方に剥げピオニー(言い方!)をお渡しすればいいそうです。

代金引換ならぬブライス引き換えですね。
『何か買い物袋にでも入れていただければ〜』ということでしたが、
なんとなく、やっぱり中身が見えない感じで渡したい…裸ブライスだし^^;
あ、でも確認するのかな〜。

それはそうと、電話口の方はとても丁寧でした。
対応がよくなかった!という話もちらほら目にするので、ここは運がいいのか悪いのか?
つーか、窓口の人大変ですよね…生産管理がきちんとしていれば不要なお仕事ですもんね。

出来が悪くてクレームが来て対応して…というの、
国内の人件費、電話代、配達にかかる料金等々、コストがかかりそうですけど、
海外の工場での検品を徹底するのはそんなに難しいのでしょうか?
今回のは箱に入った状態では分からない剥げでした。
検品って、最後に箱の状態でしてるの?ドールを包装する前にはしていないの??
いろいろ謎が深まります。


RIMG9822_convert_20180219131617 のコピー


まあ、ウダウダ言っていても小人が縫ってくれる訳ではないので縫います!

シャツワンピの襟パーツです。
普段は印は付けずに押さえの幅で縫いますが、
細かいものは要所要所に印を付けてます。


RIMG9824_convert_20180219131641 のコピー


縫い代、幅を整理したり切り込みを入れたらアイロンで割れる所は割ります。
んで、指を使ってひっくり返し、
襟先は目打ちで引っ張りだし、アイロンで仕上げます^^


RIMG9825_convert_20180219131702 のコピー


襟ばっかりズラ〜。
細かいパーツがきれいに出来ると嬉しくなりますね。


RIMG9845_convert_20180219131746 のコピー


スカートの裾のフリルもキレイに縫えてよかったよかった。


RIMG9846_convert_20180219131806 のコピー


身頃には裏地がつきますが、挟んで縫う前に襟は捨てミシンで仮止めします。

襟越し(立ち上がり)の無いフラットカラーは襟の付け線も身頃の襟ぐり線もほぼ同じカーブなので付けやす〜い。

個人的にはシャツカラーとかスタンドカラーのように、
急カーブの襟ぐりに直線に近い襟を付けるのは難しいと思います。
自分でお洋服を縫おう!という方はフラットカラー、スタンドならギャザーとかフリルの方がおススメです。

ちなみに、じゃあ襟無しの方が簡単なのでは?って思うかもしれませんが、
シンプルな分、誤摩化せないので意外に難しいんじゃないかと思ってます。


RIMG9826_convert_20180219131724 のコピー


ところで、カフスの裏、シャツワンピの方は柄で切り替えていたんですが、
(写真のは短い丈の方のシャツワンピ、ギンガムです。こってりパッチの方はストライプにしています)
ピンタックのワンピも裏地を付けました。
理由は簡単、色移りが怖いからでーす。

パフの袖口って結構密着するんですよね。
こすれる部分だし、ちょっとはいいかなって。
とは言え、袖自体には裏地は付けていないのですが、
タイトな袖じゃないので多分大丈夫…?


RIMG9847_convert_20180219131826 のコピー


袖下の縫い代部分がちょっと微妙ですが、裏地になってないよりはいいと思います。
さて、いよいよステッチを!



代わりのピオニー、可愛い子が来るといいなー。
青い髪、デニムワンピも似合いそうかな?
 
 

インスタ映えって何ですか

始めにお断りしておきます、
もう本当に本日地味画像だけです!


RIMG9816_convert_20180215145704 のコピー


先日裁断したパッチワークのピース、どの部分か分からなくならないように、
パターンと一緒にクリップで留めてあります。

で、完成地図(?)の上に並べて確認!


RIMG9817_convert_20180215145723 のコピー


とりあえずつなげられる部分を縫い合わせていきます。


RIMG9818_convert_20180215145739 のコピー


ほつれ止めはここで。
小さいピースの状態でバラバラにしてしまうとワケワカラ〜ンとなるので^^;


RIMG9819_convert_20180215145756 のコピー


ピケが乾いたら、またパターンと一緒にクリップで止め、
引き出し用の仕切りトレイにとりあえず入れておきます。

この辺までくればパターンを一緒にしておかなくても分からなくはならないのですが、
一応念のため。

縦の切り替えがある部分は地縫い→ステッチをしないと横の切り返しを縫えないので、
まだ縫い合わされていない小さいパーツが結構あります。


RIMG9820_convert_20180215145814 のコピー


ステッチの前にアイロンがけ作業〜。

基本的には方倒しですが、縫い代が重なる部分はこんな風に割っておきます。
はー、自分でも気の遠くなる地味作業…


RIMG9821_convert_20180215145833 のコピー


で、アイロンをかけ終わったらまたパターンを一緒に止めておきます。


ミシン糸は出来るだけ変えずに作業を進めたいので、
このあとはピンタックワンピの方を進める予定。
なので、ステッチはまだまだです。


さて、インスタは基本ブログをUPして、その中から一つ選んであげてるんですけど、
この画像達、一体どれを使えばいいのやら…
 
 

もくもく裁断

ま、とにかくサンプルが形になったのでぐいぐい裁断ちうです。


RIMG9811_convert_20180214154821 のコピー


直線に近い所は大きめのロータリーカッター、
アームホールなど、急カーブは小さいロータリーカッターで裁断です。
もっと急カーブはハサミで切ってます。


RIMG9812_convert_20180214154841 のコピー


ピンタックが入るパーツはまず粗断ちして、ピンタックを入れてから裁断です。
乙女なワンピ、身頃のピンタック幅を狭くして3本のピンタックを5本に増やしたり。


RIMG9814_convert_20180214154920 のコピー


裁断&ミシンばかりで飽きちゃったなー、と、
乙女なワンピにはちょこっと小物をプラス。
編みかけニットを。

棒針は市販のニット用の待ち針です。


RIMG9813_convert_20180214154901 のコピー


と、デニムはやっぱり色移りが気になりますよね。
乙女なワンピは身頃には裏地がありますが、スカート部分、どうしよう…
で、ドロワースをセットにしようかと。

身頃の裏にも使ってる薄いグレーの綿ローンで作りました。
飾りのリボンはエブロンとおそろいのモスグリーンです^^


RIMG9815_convert_20180214154941 のコピー


なんとかかんとか、裁断出来ました。
ま、これからほつれ止め作業です。

 
 

ポッケと帽子、バッグとバブーシュカ

先日のデニムワンピ、
羊さんからポッケがあるといいな〜ってコメントをいただきまして。
あー!それだそれだ!!
何て言うか、リメイク感がほしかったんですよね〜。


で、さっそく!


RIMG9805_convert_20180210112741 のコピー


右脇のパッチの位置を少しずらして、ポッケを付けてみました〜^^

あ、コットンの糸でキャップも編みました。
何色にするか迷ったんですけど、ステッチの色に合わせて。
他にもいいかな?って色があるので、手持ちので何色か編もうと思います。

コットンの糸、いつも思うのですが赤ってなかなか無いんですよね。
染まり具合とか堅牢度の問題なのかなあ…?
デニム×赤って鉄板なんですけどねー。


RIMG9808_convert_20180210112800 のコピー


ブライスが手を入れるにはちょっと位置が下だったかなあ。


RIMG9810_convert_20180210112819 のコピー


こんな風にちっさいクマとか食玩を入れてもいいですよね!


…と、


RIMG9790_convert_20180210112850 のコピー


乙女なワンピに合わせるカバンです。

カゴもいいなーて思ったんですが、
厚みがあって、発送の時に困りそうで布製にしました。

起毛リネン、古びた雰囲気が欲しくて珈琲で染めてます。


RIMG9791_convert_20180210112545 のコピー


ベルトはもちろん脱着可能です^^
裏地には小花柄を使いました。
かすれた感じが良かったので裏側を使ってます。
うーん、内側にポッケ欲しいかなー。

ちらっと見えるトリコロールテープもポイントです!


RIMG9792_convert_20180210112605 のコピー


ショルダーは片側を取り外せるようにしました。

んで、


RIMG9789_convert_20180210112522 のコピー


リネンのショール、ちょっとだけ大きさとかスカラップのデザインを変えました。

ピンうちしてスチーム乾燥中。


ショールとしては大きめで、
バブーシュカになりそう、でも紐を付けちゃうとショールにした時邪魔だよね、どうしよう?って考えて…


RIMG9793_convert_20180210112623 のコピー


スカラップにリボン通しちゃいました!
甘栗むいちゃいました!(関係ない)


RIMG9794_convert_20180210112644 のコピー


後ろで一回クロスさせて、そのあと前に回して首の所で結びます。
リボンが柔らかいので結びやすいと思います。
スカラップにリボンを通すときは先端を細くなるように折ってあげると通しやすいかな?


RIMG9795_convert_20180210112704 のコピー


リボンを結んでいる間、本体がずれないように、こんな風にピンで髪の毛に留めてあげるとやりやすいです。

バブーシュカとしても使うなら…と、フロントに来る部分、ちょっとピコットをプラスしてます^^


RIMG9802_convert_20180210114853 のコピー


なんだかんだ、ちょっと秋っぽい感じになっちゃったか?


数量的にはこってりパッチのワンピをメインに作ろうかなーと考えちうです。



 
<- 02 2018 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

REMI

Author:REMI
ドール用の服やら靴やら
なんやらを作っています。
モノ作りにどっぷりの日々。
月1ペースでカートSHOPをしています。
オークションはたまに出品しています。
現在個別のオーダーは
受け付けておりません。
リンクに関するお申し出は
特に必要ありません。
ご自由にどうぞ。

現在カテゴリ編集中です。

アクセスカウンター

Archive RSS Login