PLAYING THE ANGEL

PLAYING THE ANGEL

ドール服屋『PINK*SKULL』のモノ作り日記です。

 

革とスタジャンとゾーリンゲン

色違いで作ったワッペンに合わせて、
暖色系の身頃でスタジャンを作りたい、と、
革在庫をひっくり返し、ココアカラーの革をセレクト、エンジのウールで作ったものの…


思った以上に革が厚かったとか、
袖を2枚袖にしたせいか、切り返しの所で固さがあってひっくり返すのに四苦八苦!
無理矢理鉗子でひっくり返しましたが袖口のリブが切れちゃったりで;;


RIMG9398_convert_20171120091752 のコピー


色々気を取り直して、片袖を解いて薄くすき直し、

襟もリブじゃないのにしたり、裾もそれに合わせて変えてみたり。
身頃の丈、リブをつける型紙で裁断しちゃっていたのでとりあえず生地を接ぎ足してます^^;

うーん、ネイビーの方もこのデザインにしようかな〜。


RIMG9400_convert_20171120092412 のコピー


右は最初に縫ったままの袖です。
これでも大分すいて薄くしていたんですけどねえ〜。

左はギリギリまですいて薄くしました。
革って弾力や伸縮性があるからか、相当薄くしても意外と丈夫です。
なんと言うか、自然で創られたものって本当によく出来ているんだな〜と感動すら覚えます。


RIMG9397_convert_20171120091728 のコピー


てなわけで、
残りの革もガッツリすいてます。
まだまだ途中です。
穴を開けてしまわないように慎重に…

この革を薄くすく道具、Pediって言うカッターなんですけど、
以前に使ったときは上手く出来なくて、ダメじゃん!って放り出してあったんですけど、
今回改めて使ったら何故だか上手に使えました。
ちなみに本来の用途は踵などを削るやつですが、普通に革屋さんで買いました。

交換出来る刃にはmade in Germanyの表記とともに、SOLINGENの文字も。
ゾーリンゲンって刃物の生産が有名な都市ですね。
ヘンケルスの包丁などはおなじみですよね〜!


RIMG9399_convert_20171120091810 のコピー


ここまで薄くします、ふうふう。

スポンサーサイト
 
 

今年のスタジャン

そもそもワッペンを作った訳は、
スタジャン作りたい!だったからです。


RIMG9389_convert_20171115085939 のコピー


ダッフル、Pコート、N-3B…
作りたいアウターはたくさんありますが、スタジャンは去年も作ったのに?

ま、それはちょっと置いておいて、
チェックミニスカ、大きめスタジャン、ニット帽、そしてブーツってやっぱ可愛いな〜ってしみじみ。

昨日のワッペンはとりあえずニット帽に止めてみました。
ボストンバッグとかにつけたらカッコイイかな?
裏にピンを付けてブローチでも良さそうです。
それならお手持ちのキャップやバッグに付けていただけますよね〜。


RIMG9391_convert_20171115090002 のコピー


ミシンステッチワッペン、
気持ち的には背中におっきいのを!って思っていたのですが、
はみ出さないまでも、まあちょっと大き過ぎて。
小さくするのはもう無理〜だったので胸にワンポイントです。

去年は手刺繍でしたが、今年はレザーを組み合わせてみました。
と、お袖もレザーに戻してみました。

扱いやすさには合皮の方に軍配が上がりますが、
本革の質感も捨てがたいんですよね…
今年はちょっと縫いやすそうな牛革が手に入ったのでリトライ!


RIMG9393_convert_20171115090026 のコピー


んで、
何でまたスタジャンよ?って、
小さいバネホックが手に入ったからなのです、そんだけです。

小さくてちょっと止めづらい&打ち込みの加減が難しいのが惜しいんですが、
開けて着た時にやっぱり見た目がいいんですよね〜^^


RIMG9396_convert_20171115090046 のコピー


ワンポイントワッペンは色違いも作ってみました。
針目数を間違えてちょっと大きくなっちゃいましたが^^;

ワッペンに合わせて、暖色系の身頃になったスタジャンも作りたい!


ブーツのSHOPでお買い上げいただいた方々への発送は完了いたしました。
それに伴い、とりあえずSHOPはクローズいたしました。
ご利用ありがとうございました。


 
 

ステッチ馬鹿、極まれリ

ええと、
職業用とか工業用の直線縫いミシンっていうのは…
その名のとおり、いかに直線縫いをぶれずにまっすぐ縫えるかっていうとこに性能の良さがある訳で。


RIMG9384_convert_20171114151149 のコピー


こんな風に小回りさせるのはミシンの本望ではないような…


RIMG9385_convert_20171114151214 のコピー


でもやっちゃうのは私が馬鹿だからです!(キッパリ)


RIMG9387_convert_20171114151248 のコピー


一番下(白)はフェルト、その上に革(茄子紺)を重ねてステッチ(金茶)したら、
廻りをカットしてワッペンの出来上がり!

この小回りを2週、ちょっと途中でどこを縫っているかわからなくなります。


RIMG9386_convert_20171114151229 のコピー


で、それを乗せたい洋服を縫いました。
でも出来たらワッペン大きかったよ!ガッカリ!
ワッペンは何か他のものに使うかなあ。



先日突然オープンしたSHOPのブーツ、ご利用いただきありがとうございます。
本日14時の時点でご入金を確認させていただいた方々へは発送を完了しております。
それ以降の方への発送は明日となります、ご了承ください。

在庫はまだございますが、適当な時点でクローズいたします。

★ペンキブーツは売り切れになっていますが、
黒のブーツの在庫があれば、ご希望をいただければペイントは可能です。
その場合はペンキブーツと同価格となり、また、お時間をいただきますのであらかじめご了承ください。
(バーガンディのブーツは素材の違いがありますのでペイントは出来ません)

 
 

黒ブーツをパンクなブーツに*追記あり

突然開いているSHOPですが、ご利用ありがとうございます!
お品物はまだあります〜。

で、黒ブーツが普通過ぎたか?と、本当に発作的に…


RIMG9371_convert_20171113095407 のコピー


これはサンプルで作ったものにですが、汚しを入れてみました。

右が汚した方です。
もともとヤスリがけでダメージを入れようかな?とは考えていたものの、
端革でやっても上手くいかなくて、じゃあそのままでと、並べたものの…

ふと思いつきで、プラモの汚しに近い方法でやってみる事にしました。


RIMG9372_convert_20171113095430 のコピー


ま、それだけでもよかったんですけど、
撮ってみるとあんまりよくわからんなあ〜と。
ええい!この際、以前からやってみたかったペンキ汚れ風のペイントもやっちゃえ!てな事に。

びちゃっとペンキがたれた風にするのはこの大きさだと難しいので、それっぽく筆描きです。


RIMG9374_convert_20171113095448 のコピー


汚し前、汚し中、汚し後。


RIMG9376_convert_20171113095504 のコピー


つなぎに合わせてもいいかなーってやりましたが、
パンクな洋服に合わせたらカッコイイです!


RIMG9378_convert_20171113095523 のコピー


ぶっちゃけ、失敗上等!の気持ちでやりましたが思ったよりも気に入ったので、
黒ブーツ、在庫をひとつSHOPから下げてペイントしようと思ってます〜。


追記

とりあえずひとつだけですがペイントしたブーツをSHOPにUPしました。
ペンキブーツ


RIMG9379_convert_20171113112147 のコピー


ぶっつけの手描きなのでサンプルとは全く同じではありませんが。
というか、同じものは作れませんね、これ。
ダメージデニムよりも再現率が低そう…


ペイント無しの在庫もあります〜。


 
 

ブーツのSHOP、オープンしています。

SHOP、突然ですがオープンしています。
よかったらご覧下さいね。

DOLL OUTFITSHOP PINK*SKULL←クリックでSHOPをご覧いただけます。

送料は今回は全て別途ご負担いただくようになっています。
あらかじめご了承ください。

以下、SHOPページだとわかりづらい部分など、
重複部分もございますが、まとめてみましたのでご購入前にご一読いただければと思います。



RIMG9360_convert_20171112112621 のコピー


5ホールの編み上げブーツ、全て使っている素材(革)が違います。
同じ型紙を使って作っても雰囲気が変わります。

左から…

ブラックはいつも使ってるオイルレザー、ですが、ちょっといつもより硬めです。
しっかりとしていて3つの中では一番ハードな感じ。
ある意味、ワークブーツっぽさが一番あると思います。
紐はブラックが付属ですが、白に変えてもカッコエエです!

バーガンディ(チェリー)は柔らかめの革を使っています。
若干ふにゃっとなりやすい反面、履かせやすいという利点もあります。
くったりした感じは女の子らしい、という良さもありますね。
紐は始めは黒にするつもりでしたが、雰囲気をふまえてブラウンにしました。

ブラウンもオイルレザーですが、いつものよりもさらにしっとりした感触です。
ブラックの革よりもちょっとしなやかな感じがします。
汚し加工のせいもありますが、男っぽさもあるのに、
アンティークな雰囲気もあって女の子らしいワンピなどにも合わせやすいです。
紐はブラウンです。


お好みの一足をどうぞ!


RIMG9361_convert_20171112112639 のコピー


ハトメは全て1.5mmの黒メッキを使用しています。
裏の処理は菊割です。
キッチリ打ち込んだあと、叩いてつぶしていますが、柔らかいのでめくれて来る場合があります。
その場合は優しく戻してあげて下さい。
怪我や引っかけにはご注意くださいね。

ああ、ハンドプレス機が欲しいです。

紐はポリエステルコードの極細のものを使っています。
1.5mmのハトメ穴に対してだと太さがちょっとギリギリだったりします。

紐は長め、上から二つ目のホールから出していただければ足首を一回りして結んでも余裕のある長さ、
一番上の穴まで通して結ぶと長めという長さにしていますが、
穴から抜けてしまった場合や、通し直す時はピンセットを使うと通しやすいです。

長さを短くするときはよく切れるハサミで斜めにカット、
ライターなどの根元の青い炎でちょっとあぶるとほつれ止めになります。
溶けた時、ちょっと指先でこよる感じで細くしてやるとさらに通しやすくなりますが、火傷にはくれぐれも注意!


RIMG9368_convert_20171112120135 のコピー


5ホールのブーツとウィングチップ、同じ木型を使用しているのですが、
ウィングチップは切り返し部分に少し厚みがあるため、ちょっと見た目の幅が広い感じです。
また、使用した白の革が硬めなので少し履かせづらいかもしれません。
反対に、靴底に使った皮はちょっと柔らかいです。


RIMG9367_convert_20171112120114 のコピー


後ろ側の切り返しのラインも違います。
ウィングチップは少しくりが大きく、長めな感じです。
なので、ウィングチップは踵側半分くらいをボンドで接着しました。
がばっと開くとはがれてしまう事がありますが、着用に差し支えはありません。

5ホールの方は紐を緩めるとガバッと開きます。
足が大きめの子にも履かせやすいかと思います。
うっかり靴下無しで履かせたとき、これまたうっかり足先が外れちゃっても取り出しやすいとかなんとか。

細かい部分ですが、ヒール、5ホールは内側を少しだけ斜めにカットしています。
ウィングチップはまっすぐです。
この辺はもう…ほとんどわかんないですね(汗)



靴作り、というか、
レザークラフトも奥が深くて、こればっかりやってる訳じゃないのでなかなか極められないなあ、としみじみ。
次回はまた布帛でお洋服!に戻りますが、
レザーもまたカバンも作りたいし、靴ももっと作りたいなって思ってます^^

 
 

みんなでブーツを履き回し!

今回のブーツ、
基本的にはネオブライスとmomokoが兼用出来るサイズ感で〜と言うコンセプトですが、
ちょっと他の子たちにも履かせてみました〜^^


RIMG9308_convert_20171111131830 のコピー


まずは復刻リカちゃん、ミディブライス、ニッキに!

この辺は履けるかどうかというよりは、バランスがどうか、というメンバーです。
ブーツだとちょっと大きめでも可愛いかなと思うので、大丈夫だと思います。

ニッキに履かせたコンビのブーツ、ちょっと皮が硬めなのですが、
ゆっくり履かせればOK、靴下は厚みにもよると思いますが、ちょっときついかな。

復刻リカちゃん、ミディはかなりつま先があまりますが、
編み上げブーツなのでしっかり結べば脱げてしまう事もありません^^


RIMG9317_convert_20171111131856 のコピー


横から見たらこんな感じです〜。
みんなでお散歩レッツゴー!


RIMG9321_convert_20171111131925 のコピー


momokoとrurukoです。

rurukoちょっと甲が高めですが、紐を緩めてあげれば大丈夫です。


RIMG9323_convert_20171111131946 のコピー


マーチンタイプのブーツは紐を解けばガバッと開くのですが、
rurukoは足先が外れやすいので靴下をはかせました。
外れにくい子たちも色移り防止にはやっぱり靴下をはかせた方がよいと思います。


RIMG9328_convert_20171111132009 のコピー


オビツ24です。
我家のボディは足先や甲ををmomokoの靴が兼用出来るように削っていますが、
結構余裕があるのでデフォでも大丈夫そうです。
ムッチリ目のふくらはぎでも調節のきく編み上げブーツは兼用率が高いですよね^^

特に、茶色とチェリー(バーガンディ)は革が柔らかいので履かせやすいと思います。


RIMG9332_convert_20171111132041 のコピー


と、ネオブライスはもちろん、現行リカちゃんにも!
リカちゃんの身長だと華奢なワンピには横から見るとちょっとゴツいかなあ?

合わせるお洋服のイメージにもよりますが、
おっきい頭の子も、小顔の子も、みんなで履ける靴♪
どのカラーも履き回し度抜群です!


SHOP用の写真をこれから撮る予定です〜。

 
 

ブーツ完成!

昨日は一日作業をお休み、
色々待ってた資材が揃ったので本日完成です!


RIMG9301_convert_20171110135318 のコピー


ずら〜り!
小さい物が並んだ様子の気持ちのよい事!

茶色と黒が2足ずつ、チェリーとコンビは3足ずつです。


RIMG9299_convert_20171110135255 のコピー


で、靴袋も縫い縫い〜。

今回はストライプの生地を使ってみました。
ロゴスタンプはテープに捺してピスネーム風にしました。


RIMG9303_convert_20171110135354 のコピー


ロゴ、幅があるので表と裏にまたがってます。


RIMG9305_convert_20171110135411 のコピー


紐は細いグログランリボン、
色が選べなくて、色々にしました。
こちらはランダムになります〜^^


履いてる写真などを撮って準備ができたらオープンですが、
特に日時は決めてないのでふっと開きます。
ま、週明けとか…土日に時間があったらどっちかとか…です。
はっきりしてなくてすみませんです。


 
 

ブーツの汚し加工とパッケージ

先日形が出来た茶色のブーツ、ちょっとUSEDっぽい感じの加工がしたいなあって。
失敗出来ないし、最後まですごーくすごーく悩みましたが、思い切って!


RIMG9297_convert_20171108131509 のコピー


…って程でもないですかね(汗)

右がオーバーダイしてちょっと履き古した感じにしたものです。
つま先とか、踵の辺りとかを濃い感じになるように汚してみました。
ちょっとアンティーク風になって個人的には気に入りました。

もう一足の方もこんな感じで汚しを入れたいと思ってます。

このブーツに使った革、質感とか色とか、すごく好きなのですが、
端革で買ったものなので追加出来ないのが残念…


RIMG9298_convert_20171108131528 のコピー


んで!
他の色のもこんな感じで出来てます、が、紐が無いのでちょっと待機〜。
この画像を見れば前と後ろは離れてるのがわかりますね〜。
5ホールのブーツはこのまま、
ウィングチップは丈が短い分ちょっと落ち着きが悪いので接着する予定です。

ウィングチップは結局ちょっと短めに変更、
以前に工具入れを作ったチェリーカラーの革に似たものは見つけたのでそれも追加!

後ろのベロ、普段ならボディと同じ革を使う所ですが、
今回はマーチンっぽくしたかったので、黒に配色ステッチを入れたものにしました。
マーチンは文字が折り込まれてるテープを使ってますけど、さすがにそれは無いので〜。

ウィングチップには生成りのステッチ、他の色は黄色のステッチで、
ウェルトのステッチ色と揃えました。


RIMG9292_convert_20171108131427 のコピー


ネットで頼んだ靴ひもが届くまでの間にパッケージを。

今までは白い箱を使っていましたが、
定形外の厚みの規制が出来ちゃったのであれだとギリギリなんですよね〜^^;
なので、ピロータイプのものに変更しました。
と、ラベルは普通紙を糊で貼ってたんですけど、シールタイプのものに〜。
曲面なのでこの方がはがれにくいかなーって。


RIMG9293_convert_20171108131449 のコピー


裏側には種類とカラー名を貼りました。

と、赤文字の”DISTRESSED"はUSED加工とか、そういう感じの意味だそうです。
はじめ、"USED"って入れたらなんだか中古品みたいで、変だよね〜っと。
翻訳したらこれが出てきたので、ああ、じゃあこれで!って。
これは汚し加工をした茶色だけに貼られます〜^^


あ〜、靴袋作らねば〜。

 
 

ブブブのブーツ

ブーツなどの革小物作りは小さいスペースとかちょっとした空き時間で進められるのがいい所ですね。
縫い物、というよりは工作と言った感じです。


RIMG9283_convert_20171107115200 のコピー


ハトメを打った後ろ側、紐を通して形を整えつつ前側と合体!
この辺りからは左右のバランスを見やすいように、靴下を履かせたボディにはかせて作業してます。

ちなみに穴あけ→ハトメ打ちの作業、
以前、うっかり夜(と言っても九時くらい?)にやったら旦那に怒られました…
えー、一戸建てだし、まだみんな起きてる時間だけどダメなんだ〜!って、ちょっとびっくりしました。
実家ではフツーに父が夜も(つーても夜中ではないです)レザークラフトでトントコやっていたので。
ま、我家の常識、よそでの非常識、ですからねえ〜^^;
なので学習してトントコは昼間に、接着などを遅い時間にやるように。


RIMG9284_convert_20171107115222 のコピー


上の部分の形が整ったら底と接着です。

あ、今回は型入れ作業の都合上、前側と後ろ側、縫い合わせてません、ステッチはダミーです。
中敷に接着すれば綺麗にハマるんですよね。

で、このままだと底が真っ平ら、ペターンとした感じなので…


RIMG9285_convert_20171107115243 のコピー


全体をぐっと折ってつま先が上がった感じにします。
この方が雰囲気出るかなーって思ってます。


RIMG9286_convert_20171107115300 のコピー


あらかじめステッチを入れておいた細い革をウェルト風に貼っていきます。


RIMG9287_convert_20171107115322 のコピー


逆側も同じですが、始めと終り、ステッチに返し縫いはしてません、厚みが出ちゃうので。
そのままだとほつれてきてしまうので、裏側に糸を引き込んでボンドで止めておきます。


RIMG9288_convert_20171107115342 のコピー


後ろ中心で付き合わせになるように〜。


RIMG9289_convert_20171107115402 のコピー


とりあえず茶色が2足出来ました!
あ、後ろベロがまだですけど。

と、まあ、こんな感じで作ってます。



先日の記事、拍手たくさんありがとうございました!
ジャガバタ400食(ジャガイモ90kg)は無事に完売しました^^(そこに拍手じゃない)

 
 

ブーツ、ブーター、ブーテスト!

や、タイトルに意味は全くございませんです。
しかもブーツは動詞じゃないから活用とかないですよ?


白黒コンビのブーツ、
もしかしたら短い丈のにしたほうがいいのかもなーとか思いつつ。


RIMG9269_convert_20171102123232 のコピー


とりあえずベロの長さはあとで修正効くし〜、と、見切り発車でアッパーのステッチ。

つーか、使う予定のハトメの到着待ちもあって、色々と整理がつかないまんまでやってます。


RIMG9270_convert_20171102123252 のコピー


中敷たくさん!

本体の予定数よりもなんだかたくさん作ってしまいました…
ま、腐るもんじゃないしいいか〜(←)


RIMG9271_convert_20171102123309 のコピー


中敷には起毛の生地を貼りました。
なんとなーくあったかそうかなーと。
いや、人形は足は冷えないですよ?


RIMG9273_convert_20171102123343 のコピー


とりあえずアッパーの方だけですが型入れしてます。
マステで仮止めして中敷に貼っていきます。


RIMG9272_convert_20171102123327 のコピー


今回はせっかく型を作るぞーってことで、
左右も一応あります…


RIMG9275_convert_20171102123358 のコピー


黒と、オレンジっぽく写ってますがこげ茶です。
こげ茶はちょっとだけ汚し加工をしてみようかなーって思ってます。



まー、なんつーか、
みなさんやっぱりインスタに移動しちゃったんですかね〜?
ブログもんは寂しい限りです。
重い腰を上げてやっぱりインスタやろうかな〜って思いつつも、
日々は過ぎて行くのであります。

週末は学校の催し物でジャガバタたくさん作ってきまーす。


 
<- 11 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

REMI

Author:REMI
ドール用の服やら靴やら
なんやらを作っています。
モノ作りにどっぷりの日々。
月1ペースでカートSHOPをしています。
オークションはたまに出品しています。
現在個別のオーダーは
受け付けておりません。
リンクに関するお申し出は
特に必要ありません。
ご自由にどうぞ。

現在カテゴリ編集中です。

アクセスカウンター

Archive RSS Login