FC2ブログ
PLAYING THE ANGEL

PLAYING THE ANGEL

ドール服屋『PINK*SKULL』のモノ作り日記です。

 

ミニチュア完成!

ちまちま作業、終わりが見えてきました!


RIMG9627_convert_20190913170347のコピー


ペンキ缶、仕上げ中です!

ペンキが垂れちゃった感じとかをホビーカラーと筆でつけてます。
これ、できるだけサンプルに近づけてますが、
個体差あります〜。


RIMG9630_convert_20190913170709のコピー


赤いペンキの缶も塗れました!


RIMG9628_convert_20190913170542のコピー


で、木箱に塗り途中風のペイントをしたらミニチュアは完成です〜^^


RIMG9631_convert_20190913170732のコピー


そんでもって、布帛裁断しました!

このあとエプロンのパーツも裁断が終わって、
連休明けから本格的に抜い縫い予定です!
お休み中は時間があれば…って感じです。

次の三連休明け発送を目指します!

スポンサーサイト



 
 

ちょこまか、色々

先日の台風、関東直撃でしたが、
みなさま大丈夫でしたか?
我が家付近は去年の10月の時よりは被害は軽かったような?
風向きとかの関係なんでしょうか。

ちなみに、娘は暴風の中バイトへ(近所ですが)、息子は学校が午後から登校って感じでした。
旦那は電車が止まってた関係で、職場までバイクで行きましたよ〜。(えらい!)

そんなこんなでも母は週末含めて通常営業〜^^;
本日も地味画像満載です!!


RIMG9612_convert_20190910130412のコピー


ペイントローラーの持ち手の続き。
ざっくりカットしたのをヤスリで整えて…


RIMG9616_convert_20190910130512のコピー


ボケボケ写真ですが、
塗装して乾燥中です〜。

サンプルの時に使った板は、やすりがけ+塗装でいい感じだったのですが、
今回使ったのはケバケバが気になったので、2度塗り+やすりがけ+塗装しました。


RIMG9618_convert_20190910130551のコピー


ローラーに使うワイヤー曲げ曲げ。


RIMG9621_convert_20190910130702のコピー


で、塗装した持ち手に接続!

持ち手側にピンバイスで穴を開けて、
なんでも付く系の接着剤で接着します〜
ここの乾燥時間は一昼夜です。


RIMG9623_convert_20190910134054のコピー


あらかじめ作っておいたプラチューブパーツを通して、
ストッパーになるパーツを留めつけます。
ここの接着待ちも一昼夜!

異素材を接着するボンドは完全接着までの待ち時間が長いです〜。


RIMG9620_convert_20190910130640のコピー


待ちの間にローラー部分を作ります。

本体のチューブよりも少し直径が大きいパーツにフェルトを巻きつけ接着です。
巻き始めと終わりは段差が少なくなるようにフェルトをすいておきます。


RIMG9626_convert_20190910132300のコピー


で、先に作った本体と合体して完成!!


RIMG9622_convert_20190910130721のコピー


そんな乾燥待ち時間には他のパーツも作りますよ〜。

ローラーしごき用のネットです。
網部分はプラ製品をカットしてます。
で、枠はプラ棒をカットして貼り付け。


RIMG9625_convert_20190910130826のコピー


タミヤカラーで塗装〜

いつもはシンナー臭に家族からクレームがありますが、
ちょうどボッチだったので涼しいとこで塗れました^^

はー、ボッチ最高!


RIMG9624_convert_20190910130737のコピー


塗装は表裏なので、最初に塗った面が乾いてるのを待ってる間に他の作業です。

ローラー用のバケツを作ったりとか。
プラ板で作ってますが、角を取ったり、段差を取ったりのやすりがけです〜。


RIMG9613_convert_20190910130433のコピー


同じく乾燥待ちの間に、ペンキバケツ関係を。
持ち手の根元が抜けてしまわないためのストッパーはビーズです。

これ、ハンダでも良さそうですが…

ここの乾燥時間も長めで。




そんなこんな、作業しつつ、
日常生活も。


RIMG9607_convert_20190910130228のコピー


買い物に行ったスーパーでこんなものを。

通り過ぎる感じだったのを旦那に『いらないの?』って言われてまんまと。
ああもう!言われなければ気がつかなかったのに!!


RIMG9608_convert_20190910130302のコピー


おんなじような色のを買っちゃったなーって思いましたが、
持ち手が違う!ならいい!!

わさびのフルールも持ち手がお花型だからって買ったしね^^;


RIMG9610_convert_20190910130336のコピー


なんだかんだ、集まれり。


RIMG9617_2_convert_20190910130533のコピー


同じタイミングで来たリーメントもあったりとか。

 
 

刷毛作り

刷毛、持ち手から製作です〜。


RIMG9589_convert_20190906124035のコピー


先日あたりを取ってたのは斜めになった筋交いタイプでしたが、
こちらは平筆です。
まずは長さだけを取って桧板をカットします。

3mm厚の板はチョッパーで切断できないので、カッターでまずスジを入れ、
小さなノコで途中まで切って、最後はまたカッターで切り落とします。
このやり方の方が切断面が綺麗に行く感じです。


RIMG9591_convert_20190906124144のコピー


長さを揃えたら型紙を当てて印付け、
カッターでちまちまカットします〜。


RIMG9592_convert_20190906124251のコピー


ちょっとの歪みはヤスリで整えます。

左側がカッターで切っただけのもの、
右がヤスリで整えたものです。


RIMG9596_convert_20190906125649のコピー


形を整えたら、ピンバイスで穴を開けますよ〜。
開けた後はヤスリで整えます。

失敗を見越して多めに作りましたが、それを上回る失敗で、若干作り直しました…
木目によっては変なふうに割れるんですよね。


RIMG9601_convert_20190906124315のコピー


で、刷毛先部分です。

実物刷毛の穂先部分をカットして使っています。
ばらけないようにボンドで固めてから、目打ちで起こして指を添えて…


RIMG9602_convert_20190906124342のコピー


ハサミでカット!

ボンドは必要な厚みまで入ってくれないので、
一回のカットの厚みはこれくらいです。
(これ以上切ると、毛がばーらばらになります^^;)

こんな作業を刷毛一つに4、5回繰り返しで毛先をまとめ、
持ち手に接着しますよ〜。

ボンドがはみ出て綺麗じゃない部分は内側にするようにしています。


RIMG9604_convert_20190906124403のコピー


ま、こんな感じで刷毛先接着完了!

この後アルミシートを巻いたら完成ですが、
右手人差し指先をどこかで切ってしまって、現在絆創膏巻き状態、
細かい作業ができないので…


RIMG9605_convert_20190906124423のコピー


ローラーの持ち手を作っております〜。





 
 

木箱

先日カットした木のパーツ、
ヤスリがけをして微調整をしたら…


RIMG9583_convert_20190904134314のコピー


ボンドを使って組み立てていきます〜。

まずは底板に側面1列目を貼り付けます。
側面は間をあけて貼るので、そのための支柱的なものを四隅につけます。


RIMG9584_convert_20190904134346のコピー


側面2列目貼り付けちう。


RIMG9585_convert_20190904134422のコピー


3列目も貼ったら組み立て完了〜^^

少しだけ角を落としたいのでこのあとヤスリます。
なのでしっかり乾燥!


RIMG9587_convert_20190904134445のコピー


やすりが終わったらクズを拭き取って、
水性ニスを塗っていきます。
これは一度目、このあともう一回塗りました。


RIMG9588_convert_20190904134504のコピー


で、刷毛の持ち手を作っていきます!

 
 

缶ステイ、で、木工

なんつーか、
低気圧の影響か、朝からちょっとぼんやり&フラフラで、
予約取ってた整形外科にも行けず。
息子のお弁当作って、洗濯物を干したら力尽きて、昼ごろまでウダウダしてました。


RIMG9581_convert_20190830165102のコピー


今日はもうダメか〜とか思いつつ、
缶の仕上げの細かい作業をステイにして、
木箱のパーツを切ったり。

なんだかんだ文句言ってたチョッパー、
2mm厚のヒノキは頑張って切ってくれてます。
まあ、万力のおかげもありますが。

とにかく!
工具は押さえどころさえ決めれば働いてくれるので、
若干ダメ人間DAYでも作業できますな。

道具大事!


RIMG9582_convert_20190830165135のコピー


箱の底になる部分は幅があるのでチョッパーは使えません。
なのでこんな感じでカッターで切りますです。

チョッパーで切った方もこちらも、このあとやすりをかけてなめらかにしますよ〜。

ちなみにこのカッター、
一体何年使ってるの?って年季ものです。
裏にテプラで名前(旧姓)が貼ってあるので、
多分リーマン時代から使ってます。
学生時代も含めて30年くらい使ってる感じですね。



*ちょっと寄り道*

RIMG9580_convert_20190830165037のコピー


そんなぼんやりDAYではあったのですが、
ちょっと急ぎで、先日から入院してる実父に。
父がいつも枕元に置いてるクマの服です。
高級品ではないですけど、この子です。

以前にあげた記事にはないのですが、
クラシカルな水着をボーダーで作ってました。
父はそれが気に入っていたようで、入院先の枕元でもそれを着せてたんですが、
ちょっと汚れてまして。
とりあえずそれを持ち帰って洗おうと、着替えです。
父には水着だよ!って渡したんですが、すっかりパジャマ認識で^^;
こっちは本当に寝巻きっぽいです。

受注を受けている期間に他の作業をするのはあれなんですけど、
ちょっと事情があって割り込ませていただきました。
その分の遅れは休日で調整するのでお許しを!

ぼんやりして裁断したので柄がずれてます…

 
 

缶作り、もうちょい!

ペンキ缶、本体も塗りつつ、乾燥待ちの間に蓋作りです。


RIMG9566_convert_20190829120230のコピー


前の記事でも見えてましたが、
蓋の側面、これはちょい薄手のケント紙製、ちなみに強度を考えて二重に巻いてます。
と、同じケント紙で蓋の底、ちまちまハサミで切り抜いて側面に貼り付けます。

さらにちょい厚手のケント紙で上側を。
上側はまず内側をカッターでくりぬいて…

くりぬきの大きさがビミョーサイズなのでポンチが使えません〜^^;


RIMG9567_convert_20190829120259のコピー


上側は通すように貼り付けます。
こういう貼り方をしないと壊れやすいのです。
一旦ぐいっと通してボンドを付けたら…


RIMG9568_convert_20190829120347のコピー


ピチッと縁になるようにしますよ〜。


RIMG9570_convert_20190829120430のコピー


ボンドが乾いたら切り抜きます。
最初に外周を切り抜いてしまうと通す時に歪むのでこのやり方です。

こういう作業の時、
メガネ外してやった方がずれないって…老眼ですね〜。


RIMG9572_convert_20190829120452のコピー


本体を塗りながら、蓋も塗っていきます。
この手の作業は基本的に2度塗り、部分的には3度塗りです。

小さいパーツはマステを貼った割り箸につけて塗りますよ〜。
小さい円が並んだ割り箸、どっかで見たことが?

映画『覇王別姫』で出てくるサンザシのお菓子!


RIMG9574_convert_20190829120515のコピー


大きい缶用の持ち手も作りつつ。


RIMG9575_convert_20190829120538のコピー


針金をあらかじめ塗装した付け根に通します。
さて、このままだと外れちゃいますね。
何で止めてるかは後日!


RIMG9576_convert_20190829120558のコピー


ちなみに缶の塗装、
スプレー塗料やエアブラシも考えましたが、工程的に筆塗りです。
で、筆筋やムラが出ないようにこんなものを混ぜて塗ってますよー。



*余談*

いろいろバタバタしてて、気持ちもごちゃごちゃなので、
寝つきが悪く。
寝る前に漫画読んでます。
で、最近の愛読。


RIMG9577_convert_20190829120626のコピー


藤子Fセンセーのチンプイ!グフフっと笑えます。
チンプイはもちろんですが、ゲストで出てくる宇宙人がみんな可愛い!
チンプイはちょっとさくらももこさんのコジコジっぽい。  

そしてエスパー魔美。これはいろいろ心にしみるエピソードが多くて、
たまに泣いたりします。歳かな。

F先生全集は旦那が集めたもので、
最中は「えー、高い!」って思いつつでしたけど、
あれ読みたい!ってなった時、いつもあるって、感謝です。

ちなみにA先生のお話も大好き!です。

時を経てもなにか心に響く作品を作って残していられるってすごいですね。


 
 

まだまだ缶作り

ちまちまと缶作り、まだまだやっております。


RIMG9555_convert_20190827132311のコピー


画像で見るとあんまりわからないかもですけど、
塗料入ってる感じ部分、もっかいホビーカラーをのせて乾燥中、で、
入れ口部分のパーツを作ってます。


RIMG9557_convert_20190827132523のコピー


貼り付けて塗ります!


RIMG9558_convert_20190827132544のコピー


で、さらに外側に巻く紙を切って…


RIMG9559_convert_20190827132606のコピー


貼り付けていきます〜。


RIMG9560_convert_20190827132627のコピー


さらに!
薄手のボール紙を細く切って、折り返しっぽい感じの部分を貼ります〜^^


RIMG9561_convert_20190827132646のコピー


ボール紙の突き合わせ部分は、
こんな感じにちょっと上側をすいて…


RIMG9562_convert_20190827132706のコピー


重ね部分がぼってりしないようにしますよ〜。


RIMG9556_convert_20190827132355のコピー


で、蓋を作り中!

 
 

まだまだ缶作り

今回のミニチュアの肝はペンキ缶です。
なので、まだまだ缶作りです。


RIMG9546_convert_20190822152105のコピー


ドーナツふたつあったとさ〜♪

とか、鼻歌交じりで作ってません。
これ、個人的に苦労するパーツです。
左はケント紙、右は薄手のボール紙です。

綺麗な同心円を切り抜くの難しい!
特にボール紙が難しくて、うまく抜ける確率は50%くらいです…
歪むんですよね、なぜか。(下手なだけ)
ドルハサイズ(1/12)を作ってるみなさんは神だと思います、紙だけに。

ちなみにケントもボール紙も内側の円のくり抜きはポンチを使ってます。


RIMG9547_convert_20190822152139のコピー


と、こういう感じ貼り付けて、缶の入れ口部分です。


RIMG9544_convert_20190822151907のコピー


小さい缶も作ってます〜。
芯にしてるのはタミヤのペイントマーカーです。
これもたまたま大きさがちょうどよかったってだけです〜。
直径15mmくらいかな?


RIMG9550_convert_20190822152223のコピー


続いてこれは缶の入れ口にも使った薄手のボール紙、
厚みを抑えるために少しすきます。


RIMG9551_convert_20190822152241のコピー


で、何かというと、空き缶ペンたての縁です。
そもまま貼るとちょっとぽってりしすぎるので、ちょっとすいたわけですね。

これは他のペンキ缶の縁でも同じことをやるのです〜。


RIMG9553_convert_20190822152301のコピー


小さい缶の工程はちょっと飛ばしてますけど、
大きい缶と同じく、塗料部分のてっぺんを塗装、さらにもう一周巻いてます。


RIMG9554_convert_20190822152320のコピー


缶の内側をメタリックで塗って乾燥中!



*ちょっと一息*


RIMG9548_convert_20190822152205のコピー


ヒヨドリが近所に来てました。
ま、日本ではあんまり珍しくないし、割とうるさい鳥ですけど、
意外と生息地は狭いみたいで、世界的には珍しいらしいですよ。
とか、今はちょっとPCで調べれば分かるって便利な世の中です、うん。

 
 

受注受付終了致しました

先ほど受注の受付終了致しました。

予定数内に収まりましたので抽選なしでお受けさせていただいています。
ご注文いただいた方へ確定メールを送らせていただきましたのでご確認ください。
内容に不備、または届いていないなどございましたらブログのコメント欄よりお知らせください。
(メールアドレスをご存知の方はメールでお問い合わせいただいても結構です)


RIMG9438_convert_20190820144411のコピー


頑張って制作します、今しばらくお待ちくださいね^^





 
 

缶作り、続き

全部まとまってから作り始めた方がいいのかなーとは思いつつも、
ぼんやり待っているのも性に合わなく。


RIMG9531_convert_20190819164556のコピー


缶作りの続きなど。

まずは円柱の側面を作っていきます。
土台は直径がちょうど良ければなんでもいいんですけど、
これは日本画の水干(すいひ)が入ってたケースです〜。
実家からもらってきたのでたくさんあるのです^^

ちなみに紙はケント紙使ってます。


RIMG9532_convert_20190819164628のコピー


で、円を切り取ります。

粗断ちしたものを貼ってから切り取ったりもしてみましたが、
やっぱり歪んじゃうので、製図用のテンプレを使ってます。


RIMG9533_convert_20190819164702のコピー


で、貼り付け!
のりしろはありませんが、紙の厚み部分にちゃんと付いてます。


RIMG9535_convert_20190819164722のコピー


てっぺんだけ赤く塗ります〜。

はい、これは缶の内側、塗料になる部分です。


RIMG9537_convert_20190819164739のコピー


幅の違う紙を重ねて貼っていきます。
厚みが出ないようにここは突き合わせです。


RIMG9538_convert_20190819164758のコピー


底になる部分、塗料のてっぺんと同じようにテンプレで作った円を貼ります。

円のカットはハサミなのでゆっくりゆっくり切り抜きます。
サークルカッターは小さい円は切り抜けないし、
ポンチも試しましたがイマイチで、結局手作業〜。

小さい頃、母がフリーハンドで円を切るのを見てて、
『上手〜!』って感動してました。
あれ、どうやってたのかいまだ謎、私は下書き必須です。


RIMG9539_convert_20190819164819のコピー


出来上がりのサンプルの底、
さっきも書きましたが貼ってから円をカットしてるので歪んでます^^;


RIMG9541_convert_20190819164836のコピー


はみ出してる部分の内側、銀色で塗ります。
塗料との境目は気にせずざっとです。


RIMG9543_convert_20190819164854のコピー


さっき塗った塗料部分のてっぺん、
今度は塗る、というよりは塗料を乗せる感じでたっぷり目に塗ります。
銀色との境目はちょっとゆらゆらした感じで。
艶々に仕上がると本当にペンキが入ってるみたいになりますよね?
厚く塗料を乗せているのでしばらくこのままステイ!

突き合わせで巻いた部分に隙間があるようにみえますが、
このあと上部分を貼って、さらに外側になる部分をもう一巻きするので大丈夫ですよー。
紙製ではありますが、重ねて巻いているので結構丈夫です^^
小物類を割と雑に扱う私(←)でも壊れませんよ!
んでも、ぎゅーっと握ったり踏むのはやめてください〜。

上部分の作業はまた後日!


こんな感じのペンキセット、
受注販売です。
受付は明日の13時までとなっております。
ご興味のある方は17日の記事をご覧くださいね。→
 
<- 09 2019 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

REMI

Author:REMI
ドール用の服やら靴やら
なんやらを作っています。
モノ作りにどっぷりの日々。
月1ペースでカートSHOPをしています。
オークションはたまに出品しています。
現在個別のオーダーは
受け付けておりません。
リンクに関するお申し出は
特に必要ありません。
ご自由にどうぞ。

現在カテゴリ編集中です。

アクセスカウンター

Archive RSS Login